Connected Future
Creating the technology to connect the world

19 September, 2019
Grand Hyatt Tokyo, Japan

概要

概要

「Nokia Connected Future 2019」
~到来する5G時代とデジタル社会~

日本でも2019年には5Gのプレサービス、2020年に商用サービスが開始されます。来る5G時代では、ネットワークが変革の中核となり、高速大容量サービスが立ち上がり、続いて低遅延サービスやネットワークスライシングサービスが、新たなデジタル社会を現実のものとします。そのデジタル社会を支える5Gネットワークは、人口減少、労働力不足などの社会課題に対しても、その解決を担うインフラとしての役割を担うことが期待されています。

本イベントでは、5Gによる通信技術の革新が我々の生活・ビジネス、地域活性化、地方創生にもたらす影響について、専門技術者による講演やデモンストレーション、ユースケースなどを交えながら、ご紹介いたします。

日 時: 2019年9月19日(木) 13:30~18:00(受付・デモ展示 13:00~)
18:00~19:30(懇親会)
会 場: グランドハイアット東京
東京都港区六本木6-10-3
アクセス: https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/access.html
東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C番出口より 徒歩3分
都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」 3番出口より 徒歩6分

プログラム

プログラム

Time Contents
13:00-13:30 受付・開場
13:30-13:40

(10)

オープニング

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社

代表執行役員社長 ジョン・ハリントン

13:40-14:10

(30)

グローバル5Gの展望

ノキア カスタマーオペレーションズアメリカズ
北南米地域CTO マイケル・マーフィー

14:10-14:40

(30)

商用5G導入により見えた可能性と課題

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 5G技術統括本部
本部長 ブライアン・チョー

14:40-15:10

(30)

5G無線基地局ポートフォリオとアーキテクチャー進化

ノキア モバイルネットワーク
Head of Sales 5G APJカイ・サハラ

15:10-15:50 休憩 / デモ展示
15:55-16:20

(30)

5Gに向けたクラウドネイティブコア

ノキアソリューションズ&ネットワークスシンガポール ノキアソフトウェア

コアセールスソリューションリード 幡谷 一哲

16:20-16:45

(25)

5Gスマートファブリックの取り組み

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 IP/Opticalネットワークス

IPルーティング本部長 鹿志村 康生

16:45-17:10

(25)

産業向け5G Future X アーキテクチャー

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 ノキアソフトウェア

シニアソリューションコンサルタント 柳橋 達也

17:10-17:35

(25)

5G時代のE2E ユースケース

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 執行役員 事業戦略担当 西原 政利

17:40-18:00 休憩 / デモ展示
18:00-19:30 懇親会 / デモ展示

※プログラムの時間、スピーカー等については変更になる可能性があります。

デモ展示コーナー

デモ展示コーナー


コネクテッドインフラストラクチャー

1. 5G時代に向けた無線基地局製品ポートフォリオ

本展示では、5G時代に向けたノキアの5Gミリ波、スモールセル、AirScaleの無線基地局製品を展示します。

2. ライブ5G体験(NSAエンドツーエンド)

本展示では、5Gバックホールを含む5G NSAの実機環境において、各種ユースケース(VR、ライブ動画配信、デバイス等)の体感デモを行います。

3. 5G時代のMobile Anyhaul向け25G PONアクセス技術

5G時代には、多くのgNodeBまでのより高速かつ低遅延なアクセス技術が求められております。特にPONは少ないファイバーを使って高い密度でトラフィックを集約する最適な技術といえます。本展示では、他社に先駆けてNOKIAで開発した、光アクセスの最新技術である25G PONのプロトタイプをご紹介します。

4. Deepfield:IPネットワーク分析とDDoS保護

Deepfieldソリューションは、ネットワークをリアルタイムで管理および保護するために必要なIPネットワーク分析とDDoS保護を提供します。ソフトウェアのみのソリューションで、クラウドアプリケーションとサービスを瞬時に特定し、お客様のネットワークと加入者にどのような影響があるかを確認できます。Deepfieldは、専用アプライアンスのコスト上昇を回避しながら、加入者の満足度向上、解約低減、そして今日の非常に複雑なDDoS攻撃に対するネットワークの保護に必要な多次元インサイトを提供します。

コネクテッドインダストリー

5. スマートシティ向け統合オペレーションセンター(IOC)

ノキア統合オペレーションセンターは、スマートシティのアセットマネジメントの統合、オーケストレーションされた効率的なオペレーションを実現すると同時に、テーラーメイドのE2Eユースケースをもたらします。本デモでは、セーフシティなどのユースケースをご紹介します。

6. クラウド型ローカル5G/プライベートLTEソリューション(NDAC)

昨今IoTや産業用に自営通信網の必要性が急増しています。NDAC(ノキアデジタルオートメーションクラウド)はこのような自営LTE網に必要となる要素を全て提供し、ノキアがネットワークの管理やソフトウェアのアップデート、セキュリティやSIMの管理などを行うことで、通信に詳しくないお客様でも安心して、簡単にご利用いただくことができます。ネットワークの立ち上げは電源を入れてケーブルをつなぐだけ、またデータのセキュリティも堅牢なソリューションについてご紹介します。

7. 5G時代のソフトウェア: 新しいビジネスモデルのマネタイズ

このデモでは、ノキアのマネタイゼーション(Monetization)ソリューションを使うことで、サービスプロバイダがいかにして、B2C, B2B, B2B2x ビジネスモデルを使って、5G対応のユースケースをフレキシブルに販売・促進できるかをご説明します。

コネクテッドコンシューマー

8. ノキアとセールスフォース:カスタマージャーニーを再発明

ノキアとセールスフォースは、エンドカスタマーのジャーニーの全過程で他社が匹敵できないような価値を創出するために、パートナーシップを結びます。私たちはこれを、ノキアのネットワーク・インサイトをセールスフォースのビジネス・インサイトと組み合わせたコネクテッド・インテリジェンスレイヤを使用することによって行います。そして、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供し、新しい収益の機会を創出します。このデモでは、エンドカスタマージャーニーの途上での主要なエンゲージメントのモーメント(例:マーケティング、オファー管理、フルフィルメント、アクティベーション、サービスとアップセル)をご紹介します。

9. 5G時代のソフトウェア: AIドリブンのカスタマー/ビジネスエクスペリエンス

このデモでは、ノキアのAIドリブンの、自動化された、アクショナブル(意思決定に必要な詳細を提供する)なCEI(カスタマーエクスペリエンスインデックス)と、市場トップクラスのノキアのカスタマーアナリティクス資産を使って、移動網・固定網の中の30以上の異なるデータ次元をカバーして、顧客、オペレーション、ビジネスに関する360度のビューをリアルタイムで提供できることをお見せします。さらに、5Gネットワークアナリティクスと事前設定されたSLAに基づき、ビジネススライスの企業サービスのエクスペリエンスをデモします。

10. 複数人数で参加可能な没入型テレプレゼンスを実現するアプリケーション”AVATOUR”

従来のプロフェッショナルユーザー向けHigh Quality VR Solutionに加え、エンタープライズ向けの新製品”AVATOUR(アヴァツアー)”は、コンシューマーグレードの360°カメラを用いた簡単なシステム構成で、誰でも”低遅延の” 360° 4K Live配信を可能するEnd-To-EndのTelepresense Solutionです。ユーザーはLive配信を視聴しながら、VRヘッドセットもしくはブラウザ上で、ユーザー同士だけでなく、ライブホストともリアルタイムにコミュニケ―ションが可能です。当日は実際に会場で360° Live配信をしながら、VRヘッドセットで複数人数に視聴参加頂けるデモを実施します。

11. 5G E2Eデジタルデザイン

5Gでは従来の高速大容量通信だけではなく、低遅延で高い信頼性のネットワークを構築する必要があります。そのため、ノキアが提案する5G E2E digital designは、従来の4Gのネットワークデザインでは要求されない3Dトラフィック解析、効率的なファイバー設計、最適なエッジクラウドのロケーション設計を提供し、5GのNWデザインをE2Eで実現します。

登録

定員に達したため、受付を終了しました

 

 
マイケル・マーフィー

マイケル・マーフィー

ノキア
カスタマーオペレーションズ
北南米地域CTO

マイケル(マイク)・マーフィーは、ノキア北南米地域のCTOです。米国、カナダ、ラテンアメリカにおいて、ノキア
の製品ロードマップを顧客のニーズに合わせる責任を担っています。

前職はノーテル社で研究開発部門の責任者で、2006年にノキアの日本支社長としてノキアに入社し、
2007年にアジア太平洋地域のCTOに就き、2013年に米国に移りました。

カナダのウォータールー大学で数学の修士号を取得し、テコンドーの黒帯で、セミプロの写真家でもあります。今
まで8カ国に居を構え、英語、フランス語が堪能で、そして、日常的なタイ語も流暢です。現在は、テキサスの
アービングに拠点を置いています。

ブライアン・チョー

ブライアン・チョー

ノキア
5G技術統括本部長

ブライアン・チョー(趙奉烈、工学博士)は現在、ノキアのカスタマーオペレーションで5Gの技術責任者を務めています。ノキアの競争力を高め、業界最高クラスの5G NRの製品とソリューションを、顧客に提供する責任を担っています。同時に、彼のチームでは、5G、IoT、クラウド、ネットワーク進化、そしてデジタルサービスプロバイダ(DSP)に関して、顧客や業界と、さまざまな技術的なディスカッションとコラボレーションを行っています。前ポジションは、ノキア・モバイルネットワークスでビジネスグループの製品管理など、ノキアでさまざまな役割を担っていました。
ノキアの入社以前は、1999年に、KT(韓国の無線通信事業者)で、まず無線研究部門で、主にIS-95A/Bと3GPP WCDMAのPHY/MAC層に関する研究に携わっていました。2001年、GCT Semiconductor社に入社し、無線通信モデムの開発チームに加わり、3GPP Release 99のWCDMA PHY/MACモデム、Bluetooth、IEEE 802.11 a/b/g無線LAN、デジタルマルチメディア放送(DMB)などの無線通信モデムの開発に従事しました。2005年から2010年、インテル社では、標準化や規制/政策から、アジア太平洋地域における製品やネットワーク・エンジニアリングまで、モバイルブロードバンド技術に関するさまざまな技術的な仕事を担当していました。
ソウル大学で電気工学の学士号と修士号を取得し、韓国の光云大学校で、電気工学の博士号を取得しました。修士論文は、CDMA干渉除去に関するもので、博士論文は、OFDM(A)とMIMOに関するものです。また、韓国の韓国放送通信大学校で経営学の学位も取得しています。
無線通信に関する米国および韓国の特許を数件保有し、「3G/4G移動通信システム」など韓国語の本も何冊か書き、Harri HolmaとAntti Toskalaの共著である有名な本などを韓国語に翻訳しました。
カイ・サハラ

カイ・サハラ

ノキア
モバイルネットワーク
Head of Sales 5G, APJ

カイ・サハラは、ノキアAPJにおける5Gセールスの責任者です。彼は、モバイルネットワーク分野では、広く知られている広報担当者であり、専門分野は無線アクセスです。ヘルシンキ大学でコンピュータ・サイエンスの修士号を取得し、通信分野では25年以上の経験があり、研究開発、製品管理、ビジネス開発、セールス、マーケティングにおいてさまざまな役割を担ってきました。
幡谷 一哲

幡谷 一哲

ノキア
ノキアソフトウェア
コアセールスソリュー
ションリード
コアソリューションセール
スリード

1994年国内移動体通信キャリアに入社、主に回線交換システムの開発に従事。2003年外資系通信機器メーカーに入社、IP系通信機器向けを中心にシステムエンジニアリング/プロジェクトマネージメントを担当。2008年にノキアシーメンスネットワークス株式会社(現ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社)入社、コアネットワーク技術本部長を経て、ノキアソリューションズ&ネットワークスシンガポールへ転籍。
鹿志村 康生

鹿志村 康生

ノキア
IP/Opticalネットワークス
IPルーティング 本部長

日本電信電話株式会社、シスコシステムズ合同会社を経て、2008年日本アルカテル・ルーセント入社。アジア・パシフィックのIP製品事業部において、日本を中心とする通信キャリア向けにMPLS、L2/L3VPN、IPv6、モバイルバックホール等に関するテクニカルコンサルティングを担当した後、2010年11月より日本におけるIP製品事業部の責任者となる。

2016年ノキアによるアルカテル・ルーセント買収によりNokia IP/Optical Networks IP製品事業部責任者となる。
柳橋 達也

柳橋 達也

ノキア
ノキアソフトウェア
シニアソリューションコ
ンサルタント

1995年外資系システムインテグレータ入社以降、固定及び移動体系通信ネットワーク向けシステム・ソリューション提案業務に従事。2008年、前身となるノキア シーメンス ネットワークス株式会社に入社し、以後モバイルコア製品を中心に、エンドエンドソリューションの提案業務に携わる。2016年4月より現職。
西原 政利

西原 政利

ノキア
執行役員
事業戦略担当

通信業界において30年以上におよぶ経験を有する。ノキア入社以前は、外資系通信機器メーカー日本法人の代表取締役、役員などを歴任。ユーティースターコム・ジャパン株式会社では代表取締役社長兼日本&韓国担当ジェネラル・マネージャとして、日本と韓国の事業を統括し、その後、ユーティースターコム本社グローバルアライアンス担当バイスプレジデントとして、アライアンスを通じた事業機会の発掘に従事。ベンチャー製品、技術の日本立ち上げや無線基地局、ネットワーク装置の営業などを幅広く経験。